令和4年度 北村山視聴覚教育センター重点事業

1 研究と研修活動に関する事業

(1)視聴覚教育委嘱研究事業

・視聴覚教育の中核となる教員を育成し、視聴覚教育の質の向上を目指すため、委嘱研究員に対する支援をより一層充実させる。(教材研究等の相談業務、研修の補助など)

(2)ICT教育推進事業

・外部講師による講演会を実施し、教育メディアの活用に関する理解を深める。  
  視聴覚教育講演会Ⅰ  和歌山大学大学院  豊田 充崇 教授
  視聴覚教育講演会Ⅱ  静岡大学  塩田 真吾 准教授  
・施設単位講習会で、時代に即した研修会(プログラミング教育、教育メディアの活用等)を充実させる。
・プログラミング教育及びICT活用事例集の作成

(3)各学校での学習に繋がる移動学習

・新学習指導要領の完全実施に伴い導入された「小学校プログラミング教育」に対応したプログラミング教室を充実させる。(年間50クラス)

2 映像教材の制作、保存活動の充実

(1)映像教材の制作および制作支援

・北村山自作視聴覚教材コンクールを開催し、学校教育、社会教育分野の自作教材の制作を奨励し、制作技術の向上を図る。
・視聴覚教材コンクールに向け外部講師による講演会を実施し、作品のさらなる質の向上を図る。
・地域素材を扱った自作視聴覚教材の制作を計画的に実施し、子供たちの学習等に役立てるとともに、全国及び山形県自作視聴覚教材コンクールに出品する。

(2)自作視聴覚教材のアーカイブ化の推進

・自作教材を中心にアーカイブ化を推進し、公式YouTubeチャンネルで公開することで広く映像資料を提供する。

(3)16㎜フィルムの活用と保存

・16mmフィルムの保存活動に努め、レトロフィルムの上映や上映室のバックヤードツアーなどフィルム映画に焦点を当てた事業を展開する。

3 一般公開の充実

(1)幅広い方に利用いただけるプラネタリウム

・リニューアルされたプラネタリウム室の椅子を活用し、幅広い地域・年代の方に楽しんでもらえるイベントプラネタリウム(土曜日の一般公開、音楽との共演、熟睡プラ寝たリウム等)を実施する。

(2)他団体との連携

・センター利用関係団体や、管内高等学校等と連携し、一般公開事業を充実させる。