第43回北村山地区自作視聴覚教材コンクール 社会教育部門 特選作品

幼いころから画家への夢を持ち続け、ふるさとの山や川、友や家族を心の支えに大成した日本画家小松均は、昭和56年村山市名誉市民の称号を授与しています。 そんな小松均が、22歳で画家として認められるまでの物語を、紙芝居として作品化しました。

絵を手掛けたのは、村山市内大倉の齋藤美代三氏です。氏は、大石田町出身で、小松均画伯には造詣が深く、時代性やその土地土地が感じられるように色調画風に心がけ、人物や建物、風景を表現しました。

時間11分
制作者文:青柳フヂ子 絵:齋藤美代三
制作年2023年
教材番号400478
視聴対象者小学校、中学校、一般、学校教育指導者、社会教育指導者